読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

perspectiveプロパティをつかって、パララックス効果などの奥行きのある表現をしてみる

この記事は、Tech KAYAC Advent Calendar 2016 の23日目の記事です。

はじめまして!今年春に入社した、HTMLファイ部の @beeeeinto です 👩

今回は、CSSプロパティの一つであるperspectiveについて説明していこうと思います。

もくじ

  • perspectiveプロパティとは
  • ブラウザ対応状況
  • perspectiveプロパティで出来ること
  • 気をつける点など
  • さいごに

perspectiveプロパティとは

perspectiveは、ユーザーの視点を指定するためのプロパティです。
z=0平面からどれだけ離れた視点から要素を見るかを指定します。

詳しくは、MDNやW3Cなどのドキュメントを参照するのをおすすめします。

perspectiveプロパティで出来ること

簡単にいうと、perspectiveを使うことで、平面的なWebサイトで「奥行き」を表現することができます。

今ではよく見るパララックススクロールも、このプロパティを使っていい感じにスタイリングすれば、JSを使用しなくても作ることが可能です。

ということで、実際にどんなものがつくれるか試しに作ってみました。

クルッと回るボタン

ホバーすると、くるっとなります。

※このボタンで用いているtransform-style: preserve-3dは、IE10/11では非対応となっています。

perspectiveの値が大きいほど、要素から遠い位置から見ていることになるので、回転する際の奥行きの距離が短く見えることになります。

f:id:beinto:20161223221245g:plain

奥から入ってくるサイドバー

いわゆる「off-canvas menu」や「drawer menu」と言われるものでも、perspectiveプロパティを使うことでリッチな演出になりえます。

奥の方からぱたんとスクリーン上に入ってくるようなアニメーションを実装することができます。

スクロールによる視差効果(パララックス効果)

perspectiveプロパティを使うことで、よくみるパララックス効果を作ることができます。

JavaScriptを書く必要は無いですが、今回はdebug用の横からの視点を見せるためにJSを使用しています。
CSSにかかれているtransform-style: preserve-3dも同様です。

ネコかわいい...

左上のデバッグモードをクリックすると、レイヤーの重なりを横から見ることができます。

f:id:beinto:20161223221418p:plain

また、値とレイヤーの位置を調整することで、Skyworksのような背景に奥行きの出た演出も可能になります。

値を変えることで空間を横断させる

JSを使うことで、空間を横断するような演出も可能になります。

学校に集う学生たちです。
左上のバーを操作することで、perspectiveの値を調整することができます。

指定方法

前章のコードを読んでくださった方はお気づきかと思いますが、perspectiveプロパティは、立体的に見せたい要素の親要素に指定します。

例えば立体のダイスを作る場合、下のようにマークアップしたとして...

<div class="dice-box">
  <div class="dice--1"></div>
  <div class="dice--2"></div>
  <div class="dice--3"></div>
  <div class="dice--4"></div>
  <div class="dice--5"></div>
  <div class="dice--6"></div>
</div>

perspectiveは.dice-boxの方に記述します。(ダイスを作るCSSは省略します👸)

.diceに、transformZscaleを指定すると、立体的なダイスを作り上げることができます。
(裏面が表示される場合は、transform-style: preserve-3dが必要です。)

.dice-box {
  perspective: 100px;
}
%dice {
  /* ダイスを作るためのCSS */
}
@for $i from 1 through 6 {
  .dice--#{$i} {
    @extend %dice;
    /* 各目を作るためのCSS */
    @if $i == 1 {
      transform: translateZ(-100px) rotate(90deg);
    }
    // ...
  }
}

ブラウザ対応状況

perspectiveプロパティ便利そうだけど、実際どのブラウザでも使えるの?」
と気にするのが、昨今のフロントエンジニアの常だと思います。

Can I Useのtransform3dのセクションによると、

  • PCブラウザ: IE10以上
  • Android OSの標準ブラウザ: Android OS 3以上

で利用可能となっています。十分利用できる範囲だと思います。

ただし、併用して使われることのあるtransform-style: preserve-3dIEでは非対応となっています。

気をつける点など

perspectiveの値は0より大きく、%ではない単位をとる

仕様として書かれています。

Where values must be positive.
CSS Transforms Module Level 1より

%は基準とする尺度がないので納得です。

scaleの値によっては画像がボケるので注意が必要

perspectiveプロパティでパララックス効果を実装しようとする場合には、scaleの値を調整する必要があります。
しかし、scaleの値を1未満にした場合、IE/Edgeだとbackground-imageに指定した画像がボケて見える現象が発生します。
これはIE/Edgeの画像のレンダリング形式による問題なので、対策を別途考える必要があります。

さいごに

perspective プロパティを使ってウェブサイトをどんどん作っていきましょう 👸

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

参考文献

明日は...

次回 Tech KAYAC Advent Calendar 2016 最後の記事は、ISUCONでもご活躍されている @fujiwara さんです!