読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

symfony syncを便利に使う

php symfony

こんにちは。カヤックモバイル$アラガです。

symfonyで開発環境と本番環境を同期するときって

symfony sync project go

を使いますよね。

でも、同期対象を変更するたびに毎回、rsync_exclude.txtを編集するのって本気(マジ)で面倒くさいです。

そんなときはプロジェクトごとに、こんなシェルを用意しておくと非常に便利です。

/path/to/project/batch/sync.sh

#!/bin/sh

# config/properties.ini に設定しているプロジェクトに変える
LIST="target1 target2 target3"

# 以下、編集不要
cd `dirname $0`/../

if [ $# != '0' ]; then
    test -f config/rsync_exclude.txt && rm config/rsync_exclude.txt
    test -f config/rsync_include.txt && rm config/rsync_include.txt
    test -f config/rsync.txt && rm config/rsync.txt

    test -f config/rsync_exclude_$1.txt && cp config/rsync_exclude_$1.txt config/rsync_exclude.txt
    test -f config/rsync_include_$1.txt && cp config/rsync_include_$1.txt config/rsync_include.txt
    test -f config/rsync_$1.txt && cp config/rsync_$1.txt config/rsync.txt
fi

if test -f config/rsync.txt || test -f config/rsync_include.txt || test -f config/rsync_exclude.txt; then
    for target in $LIST
    do
        symfony sync $target go
    done
else
    echo "必ず1つは設定ファイルが必要です";
fi

使い方

いつものrsync_exclude.txt, rsync_include.txt, rsync.txtrsync_exclude_hoge.txtとかにして保存

あとは,

$ sh sync.sh hoge

で、rsync_*_hoge.txtで指定したディレクトリを対象にrsyncすることができます。

携帯サイトの開発をしていると、どうせ実機でチェックするので、PCサイト以上に細かく開発サーバーが更新されていきます。なので、このように必要なとこだけを簡単に本番かできるようにしておくのは重要です。

僕の場合、毎日の更新されていくディレクトリ用、必要な部分を書き換えるもの、全体用の3種類の設定ファイルを使ってrsyncしています。

カヤックでは携帯サイトを作りたいクリエーターを募集しています!