読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サーバーで付近の情報を通知するサービスのつくり方

ruby rails aws

こんにちは。カヤック技術部の杉山です。 主にクライアントワークでサービスを開発しています。

今回は、とある「歩いていると付近の情報が通知されるアプリ」に関して書きます。

「歩いていると付近の情報が通知されるアプリ」のサービス概要

今回は、サーバーアプリケーションの実装に関して解説してみます。

利用技術

  • Ruby on Rails
  • AWS

主な処理

  • ユーザーがアプリ内のMapをタップし、緯度経度とともに、画像、テキストを保存する
  • アプリがバックグラウンド状態の時に、近くに保存した情報があれば、通知を表示する
  • 他のユーザーが保存した情報に対して、コメントを行う

それぞれの内容

ユーザーがアプリ内のMapをタップし、緯度経度とともに、画像、テキストを保存する

サーバーはアプリから緯度経度を受け取とり、それをGeohashの値に変換し保存しています。

Geohashとは、地図を細かい矩形に分割し、一つの文字列として表すことの出来るアルゴリズムです。 Geohashの文字列が長ければ狭い領域、文字列が短ければ広い領域を表します。つまり、文字列が長いほど、精度が高くなります。 詳しくはこちら

Geohashの欠点は、緯度経度が矩形内に入っていることがわかっても、矩形内のどこなのかはわからないという点と、1文字減らすと、精度が一気に下がってしまうという点です。

文字数 南北 東西
6 609.08m 988.77m
7 152.27m 123.60m
8 19.03m 30.90m
9 4.76m 3.86m
10 0.59m 0.97m

Geohashの利点は、文字列検索さえできれば、どんなデータベースからでも利用できる点です。 Geohashの値を生成する、Ruby Gem もいくつか公開されています。

アプリがバックグラウンド状態の時に、近くに保存した情報があれば、通知を表示する

アプリがバックグラウンドの時に、基地局の切り替わりによる座標変更イベントを利用し、WebAPIがスマートフォンの緯度経度を受け取ります。

サーバーは、受け取った緯度経度を元に、Geohashの値を生成し、文字列検索することで、付近のデータを探します。 このとき、同一の矩形内かどうかだけではなく、付近の矩形を合わせた9ブロック分、OR検索する必要があります。これは、矩形内の端に実際の座標が存在した場合、近くにあっても検索から漏れてしまうためです。

select した結果があれば、APNSまたはGCMでリモート通知を行います。

他のユーザーが保存した情報に対して、コメントを行う

コメントは、ポーリングを利用した簡易的なチャットになっています。

さいごに

以上、中身はこんな処理になっていました。

このプロジェクトは、社内でぴょんさんとサービスを作ろうと考えていたところ、ちょうど関連したこのプロジェクトの話しを受け、一緒に開発を行いました。

こんな仕事が面白そうだと思った人はこちらから! 杉山のブログを読んだと書いてもらえると、筆が進みます。

関連記事

techblog.kayac.com

techblog.kayac.com